仕事が早い人ほど無意識? 本当に仕事が早い人に共通するマインドとは

2019年4月11日 20:59

小

中

大

印刷

本当に仕事が早い人には共通するマインドがある

本当に仕事が早い人には共通するマインドがある[写真拡大]

写真の拡大

■仕事が早い人だけに共通するマインドとは?

 本当に仕事が早い人と、仕事が早い人と思われたい人との決定的な違いはマインドにある。忙しい日常を送るビジネスパーソンのなかには、少しでも仕事を早く片付けたいと考えている方も多いだろう。そして作業効率をあげるためにパソコンスキルを高めたり、身の回りの整理整頓を心掛けたりと工夫しているのではないだろうか?

【こちらも】人事評価は「見えている部分だけ」に偏りやすい

 しかし、本当に仕事が早い人は、意外と自分の作業効率をあげるという意識も、少しでも早く帰ろうという意識ももっていない。ではどのようなマインドで、仕事にのぞんでいるのだろうか。

■仕事が早い人に仕事が早いという自覚がない理由

 本当に仕事が早い人が、日常の業務のなかで考えていることは、いかに効率良くチームの目標を達成するかだけだ。本当に仕事が早い人と、仕事が早い人と思われたい人の違いと言うと似た印象を抱いてしまうが、自分の仕事に集中するためのマインドとチーム全体で目標を達成するマインドの間に大きな差があるのは、容易に想像できるだろう。

 このように本当に仕事が早い人は、自分が仕事が早いかどうかというマインドをもっていないため、その自覚をまったくもっていないと言える。

■本当の仕事が早い人になるためのテクニック

 いかに効率良くチームの目標を達成するかというマインドをもつと、仕事を早く進めるテクニックにも違いが生まれる。一般的にはExcelやWordなどのパソコンに関するスキルを高めることや、身の回りの整理整頓をして集中しやすい環境を作ることが、仕事を早くするためのテクニックとされている。

 しかしもう少し広い視野で、所属している部署をチームとして考えると、日頃のコミュニケーションこそが仕事が早い人になるための、もっとも効率の良いテクニックと言えるのではないだろうか。自分の苦手な部分は、自分よりスキルのある人に任せる。その代わりに自分がスムーズに行える業務を請け負う。といった役割分担を今一度考えてみることで、所属する部署にとっても、会社にとっても効率の良い、本当に仕事の早い人になることができるだろう。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース