YouTube、0.05倍速刻みの再生速度調節機能をテスト中

2019年4月7日 18:17

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

YouTubeが0.05倍速刻みで再生速度を変更する機能をテストしているようだ(Android Policeの記事)。

現在、YouTubeでは設定の「速度」メニューから0.25倍速~2倍速まで0.25倍速刻みで再生速度を選択できる。テスト対象になると「速度」メニューに「カスタム」というリンクが追加され、クリックするとスライダーで再生速度を設定できるようになる。設定範囲は現在と同じ0.25倍速~2倍速となっている。テスト対象は動画を開いた時にランダムで割り当てられているようで、同じ動画でも再読み込みすると「カスタム」が追加されたり、消えたりすることが確認できた。

YouTubeの「速度」メニューには昨年末ごろ1.75倍速が追加され、完全に0.25倍速刻みとなった。カスタム速度設定が追加されれば、さらに細かい速度調節が可能となる。個人的には長時間の発表会や記者会見などをチェックするときに速度を上げる程度だが、2倍速でも遅いと思うこともある。スラドの皆さんはYouTubeの速度調節機能を使用しているだろうか。活用法などもあればコメントしてほしい。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | YouTube | IT

 関連ストーリー:
動画を高速再生してみる人が増えている? 2016年06月29日
米放送局、CM時間を確保するためにドラマや映画本編の再生速度を数%速める 2015年02月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAndroidYouTube

広告

広告

写真で見るニュース

  • 一目で欲しくなるデザインのいすゞ117クーペ。©sawahajime
  • ローマン宇宙望遠鏡のイメージ。(c) NASA
  • (画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース