アイビー化粧品<4918>のフィスコ二期業績予想

2019年3月23日 23:16

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*23:16JST アイビー化粧品<4918>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2019年3月10日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

アイビー化粧品<4918>

3ヶ月後
予想株価
1,100円

高級スキンケア主体の化粧品や化粧雑貨品などを展開。前期新発売の浸透美活液「レッドパワーセラム」が伸び悩み。19.3期3Qは新製品拡販図るも苦戦、販売会社在庫調整の影響受ける。経費削減効果、売上回復の兆し。

19.3期は子会社解散で単独決算に変更。レッド・ホワイト両パワーセラムと新製品の拡販図るが厳しい。販売教育再徹底や経費管理強化を図る。20.3期は微増収計画を見込む。株価は軟調傾向が暫く続くと予想。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期単/F予/3,700/-500/-520/-550/-142.88/0.00
20.3期単/F予/3,800/50/50/20/5.19/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/03/10
執筆者:HY《CN》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース