EU加盟国の政府系サイト、多くでユーザー情報収集のスクリプトが導入

2019年3月23日 12:40

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 EUではGDPR(EU一般データ保護規則)と呼ばれるルールが施行され、これによってEU内のユーザーが利用するWebサイトなどはサイトが収集するプライバシに関するデータについて適切な説明と同意を求める必要があるのだが、一方でEU内の政府系Webサイトの多くでユーザーの情報を収集するようなスクリプトが導入されており、またその旨も適切に提示していないことが分かったそうだ。

 GDPRやプライバシに関するコンサルティング会社Cookiebotによる調査レポートによると、EU加盟国の政府系ポータル28サイト中25サイトで、ユーザーの所在地やデバイス情報、広告主の閲覧行動を記録している広告トラッカーを発見したという。これらの広告トラッカーは、訪問者が選択したページ、クリックして移動したページ、およびスクロールの速度とパターンを監視することができる。

 レポートによると、EUの住民が妊娠、がん、精神障害といった健康関連や税金関連の政府系ポータルにインターネット経由で接続した場合、その動向を合計112の企業が追跡していたとされる。とくにフランス政府の公式サイトには52個という多くの広告トラッカーが含まれ、さらに、ラトビアでは27、ベルギーでは19、ギリシャでは18のトラッカーが含まれていたとしている(ZDNetCookiebotSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | EU | プライバシ

 関連ストーリー:
Amazon、GDPRに基づいた個人データ開示請求に対し他人の大量の音声データを送付 2018年12月25日
Google、GDPRに違反しているとのBraveの主張に反論 2018年09月16日
EUの一般データ保護規則(GDPR)、多くの企業で対応が不十分という指摘 2018年07月06日
日欧、個人情報データの相互移転に同意 2018年06月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードフランスベルギー妊娠

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース