ノーマティーディー、2019-20年秋冬コレクション発表 テキスタイルから漲る力

2019年3月22日 23:51

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ノーマティーディー(NOMA t.d.)の2019年秋冬コレクションが、2019年3月19日(火)に表参道ヒルズ内スペースオーにてインスタレーション形式で発表された。

■多彩なテキスタイル遊びで魅せた2019年秋冬コレクション

 大胆かつ自由なテキスタイルの表現はブランドの真骨頂だ。特に目を引いたフラワーモチーフは、今シーズンを象徴するものとして登場している。レーヨンのなめらかなビッグドレスは、大柄フローラルプリントによって彩られた。

 前身頃にボリュームのあるハンド刺繍施したオープンカラーシャツは、ブランドの定番ではあるが、今季のフラワープリントとしっかりマッチ。ストリート感の中にロマンティックな要素を垣間見る1着となった。

 フランネルのセットアップは大判のチェック柄、そしてリバーシブルのダウンジャケットは片側がマルチストライプの切り替えになっている。ディテールにでさえブランドの個性は読み取れて、パーカーから延長された前掛けのようなヴィヴィッドピンクのトップス裏には、クラシックなスカーフ柄を潜ませている。手に持った小さなバッグにはポーター(PORTER)のアイコニックなナイロンを採用した。

 カラーパレットは、馴染みのいいベイクドカラーをメインに、時折刺激的な色合いが混ざり合う。スタイリングに見たレイヤーの多彩さも特筆すべき点で、カラーパレットやテキスタイルのそれぞれの個性が混ざりあい、魅力は増している。

 個々のベーススタイルは、カジュアルウェアがメイン。キルティングブルゾン、フィッシャーマンのようなベスト、タイダイ染のスウェットセットアップなど、アウトドアやスポーツシーンさえも想起させるアイテム群が揃った。そしてこれらは全て性差を問わないスタイリング。着る者によって変わるシルエットの変化やニュアンスの変化も着る楽しみのひとつだ。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード表参道ヒルズ2019年秋冬コレクション

広告

写真で見るニュース

  • 1992年までわんぱくランドで稼働した「お城観覧車」(バンダイナムコアミューズメント発表資料より)
  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース