東京為替:ドル・円は底堅い、米長期金利の下げ渋りで

2019年3月15日 15:57

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:57JST 東京為替:ドル・円は底堅い、米長期金利の下げ渋りで
 15日午後(14:00)の東京市場でドル・円は111円70銭付近に値を戻す展開で、足元は底堅く推移する。日経平均株価は前日比200円超高の堅調地合いを維持するほか、上海総合指数もプラス圏で取引され、円売り基調が続く。また、米10年債利回りは下げ渋り、ドル売りは仕掛けづらいもよう。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円50銭から111円90銭。ユーロ・円は126円18銭から126円56銭、ユーロ・ドルは1.1300ドルから1.1327ドルで推移。《KK》

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース