IT従事者も多くがパスワードの使い回しや同僚との共有

2019年3月13日 23:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 スウェーデンのセキュリティ企業Yubicoや米調査会社Ponemon Instituteによる調査によると、ITやITセキュリティを業務としている人でも、その多くがパスワードの使い回しや共有を行なっているという(INTERNET Watch)。

 この調査は米・英・独・仏の4か国を対象にしており、回答者はそれぞれ577人・404人・400人・380人。国ごとにも異なる傾向があり、米国で同僚とパスワードを共有しているのは78%だったのに対し、ドイツは57%だったという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | セキュリティ | IT

 関連ストーリー:
2018年パスワードを正しく使用していない人・団体ランキング発表。1位はカニエ・ウェスト、2位は米国防総省 2018年12月14日
1日限定で管理権限を与えられた職員、パスワード一覧などをコピーしてその後1年に渡って不正アクセスを繰り返す 2018年04月13日
再利用や共有、パターンなどが複雑なパスワードを台無しにする 2017年03月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードスウェーデン

広告