ガンホー、第一三共、ポールHDなど/本日の注目個別銘柄

2019年3月12日 15:40

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


<3657> ポールHD 1059 +106急騰。前日に前1月期の決算を発表、営業益は31.6億円で前期比40.5%増、従来予想の26.1億円を大きく上振れての着地に。第3四半期までは前年同期比18.7%増であったため、11-1月期は増益率も拡大する格好になった。在外子会社の稼働率向上によって、主力のデバッグ・検証事業の収益性が改善したことが寄与した。今期も増収増益をキープする見込み。前期配当金は引き上げており、今期も連続増配予想に。

<8068> 菱洋エレク 1689 +122急伸。前日に発表した前1月期の決算が好感されている。営業利益は12.6億円で前期比5倍と急拡大、従来予想の12億円を上回る着地になった。在庫評価損の減少が大幅増益の主因となっている。また、今1月期は15億円で同19.3%増益を計画、想定以上の大幅増益予想となっている。なお、今1月期の年間配当金は、前期実績比20円増配となる80円を計画している。

<3765> ガンホー 366 +30急伸。高値もみ合い上放れで買い戻しも急がれる形になっている。ポスト「パズドラ」として「ラグナロクM」というスマホゲームが海外展開で先行しつつあるとの報道が伝わっており、材料視されているもよう。高い知名度のある東南アジアでの販売が好調、10—12月期は売上高全体の37%を占めるにまで至っているもよう。スマホゲーム大手のなかでの相対的な業績好調、ラグナロクの日本投入効果期待なども買い材料に。

<4568> 第一三共 4434 +121続伸。JPモルガン証券では投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウェイト」に格上げ、目標株価も3400円から5200円に引き上げている。DS-8201の貢献を期待としている。DS-8201など開発中のADCアセットのアップデート、同アセットに関連したパートナーシップの発表などがカタリストになっていくともみているようだ。

<8570> イオンFS 2210 +107大幅続伸。東海東京証券では投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に格上げ、目標株価も2400円から2900円に引き上げている。足元ではグループの組織再編を計画しており、再編後は各種規制が軽減され経営の自由度が向上する可能性があるとして注目しているもよう。また、システム投資に積極的で、キャッシュレスやフィンテックに注力している点も評価としている。

<8227> しまむら 10160 +440切り返して大幅続伸。前日に業績予想の下方修正を発表している。営業利益は従来予想の394億円から255億円、前期比40.7%減益見通しに下方修正。ただ、市場コンセンサスは270億円程度と、楽観的な傾向の強い会社計画の大幅下振れは想定されていたとみられる。第3四半期累計の営業減益率は41.3%減益でもあったため、特にサプライズは大きくなっていないもよう。短期的な悪材料出尽くし感も優勢となる形に。

<3064> MRO 2595 +44反発。前日に発表した2月の月次動向を受けて見直し買いの動きが進んでいるようだ。2月売上高は97.4億円で前年同月比26.5%増、前月は同30.5%増で、順調な拡大傾向に全く陰りはみられていない。新規顧客獲得数も5万アカウント超の推移が続いている。会社側業績計画では、上半期増収率は前年同期比23.4%増を想定しているが、2カ月間は同水準を上回る結果になっている。

<7673> ダイコー通産 1800 -本日東証2部に新規上場。初値は1732円で公開価格の1540円を12.4%上回った。初値示現後はいったん伸び悩んだが、その後は再度買い優勢の展開になった。今期減収減益予想と成長期待などは高めにくかったが、東証2部上場案件としては資金調達額が小さく、IPO市場の活況も背景に、想定通りの堅調なスタートに。ただ、2月に東証2部に上場した東海ソフト<4430>との比較では、初値上昇率は限定的だった。

<2929> ファーマF 530 +18大幅続伸。前日に業績予想の上方修正を発表。上期営業損失は従来計画の9.7億円から2.9億円に、通期営業利益は同3.9億円から5.1億円に引き上げた。田辺三菱薬<4508>との共同研究契約締結による契約一時金の受領、主力商品である「GABA」の売上上振れ、通販事業における広告宣伝費の抑制などが上方修正の背景。契約一時金受領による上振れ自体は予想されていたが、上半期の上振れ幅は想定以上との声。《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • ポーランドのワルシャワにあるニコラウス・コペルニクスの像。
  • 米月周回無人衛星「ルナー・リコネサンス・オービター 」が撮影した月の裏側 (c) NASA/GSFC/Arizona State University
  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース