NGT問題の解決とは?

2019年3月12日 17:31

小

中

大

印刷

 混迷するNGT48の山口真帆さん襲撃事件は、最悪の方向に向かっている。

【こちらも】NGT48事件、新潟県議会でも取り上げられる

 前スタッフがSNSに上げた今村前支配人らの飲酒写真が大炎上を引き起こし、再びテレビでも取り上げられたが、この件で、前NGT支配人はAKSを契約解除……早い話がクビになり、説明責任を問うことが難しくなってしまった。

 また、事件への関与を疑われている荻野由佳さんらが、テレビ番組に出演したり、SNSを更新するだけで、目を覆いたくなるような酷い中傷を受けている。

 先日、放送されていたドラマ『3年A組』(日テレ系)では、ラストに無責任なネット民の殺人を訴えるメッセージで放送終了したが、そういう意味で、NGTのメンバーを確証も出ていないのにバッシングしている人間は、たとえそれが山口さんを応援したい、支援したいという気持ちからのものだとしても……というより、そういう気持ちなのであれば余計に許せるものではない。

 疑惑の目で見られ、それを否定しているメンバーを、犯罪者と決めつけてリンチにかけていることに近いわけで、その結果、そのメンバーが憔悴し、ドラマのような最悪の結果にでもなればどう責任を取るのだろうか?

 現状、残念なことに、こういった事象から、世間の目は襲撃実行犯や事件の責任者ではなく、誹謗中傷をまき散らしてネットで暴れる人間を冷ややかに眺める方向にシフトしつつある。それは、NGT運営だけではなく、山口さんが一番望んでいないことではないだろうか?

 そもそもNGT事件の解決とは何なのかということを、一人一人がもう一度考え直してみるべきだ。前支配人や関係メンバーをクビにしろと騒いでいたが、それで問題が解決して、以前のような活動ができるかと言えば、決してそうはならない。

 (1)事件の状況を正しく把握して
 (2)問題点を的確に洗い出し
 (3)状況を改善する具体策を実行すること。

 このことと並行して、当該メンバーのメンタルケアを丁寧に行い、こういう事件が再発しないように密接なサポートをしていくことが最低限必要なことではないのだろうか?

 そのために、ファンとして何ができるのかということを、冷静に考え、メンバーに本当の意味で寄り添う気持ちを持つ人が増えることを記者は強く願っている。(記事:潜水亭沈没・記事一覧を見る

関連キーワードNGT48荻野由佳山口真帆

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース