スウォッチの新作「グラフィティ・ウォッチ」“ポップ&ストリートアートを身に着ける感覚”の1本

2019年3月1日 22:37

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 スウォッチ(Swatch)は、2019年春夏コレクション第2弾「リッスン トゥ ミー(Listen to Me)」を、2019年3月7日(木)より全国のスウォッチ取扱い店舗およびスウォッチオンラインストアにて販売する。

 「リッスン トゥ ミー」は“自己表現”“ストリートアート”“ポップアート”“ストリートカルチャー”をキーワードとし、デザインはストリートとポップアートをイメージした。コレクションの中で目玉となるのは、スウォッチ アートピースホテルに滞在するグラフィティ・アーティストたちよってデザインされた「グラフィティ・ウォッチ」だ。

 「グラフィティ・ウォッチ」はアーティストそれぞれの世界観が1本の時計のなかに凝縮されている。ヴィヴィッドカラーを用いたエキセントリックなものから、カラフルな手描きアートのようなもの、さらにはテクニカルな時計の一面をポップに表現したものまで。まるでアートを身に着ける感覚で、ファッションを楽しめる。

【詳細】
スウォッチ 2019年春夏コレクション第2弾「リッスン トゥ ミー」
発売日:2019年3月7日(木)
取り扱い:全国のスウォッチ取扱い店舗およびスウォッチオンラインストア
価格:
シティ・ウォールズ 9,720円(税込)
オレンジ・プッシャー 9,180円(税込)
ナイトクラブ 8,100円(税込)
イメージ・オブ・グラフィティ 8,100円(税込)
ブラックボード 9,720円(税込)
スウォッチアウト 9,180円(税込)

【問い合わせ先】
スウォッチ コール
TEL:0570-004-007

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードスウォッチ(Swatch)2019年春夏コレクション

広告

写真で見るニュース

  • マークX特別仕様車 250S
  • 1992年までわんぱくランドで稼働した「お城観覧車」(バンダイナムコアミューズメント発表資料より)
  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
 

広告

ピックアップ 注目ニュース