Samsungが折り畳み型スマホを発表、HUAWEIも続く

2019年2月26日 09:50

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Samsungが2月20日、折り畳み可能なAnroidスマートフォン「Galaxy Fold」を発表した(AFPEngadget日本版)。

 ディスプレイサイズは7.3インチ(2152×1536ドット)で、さらに折りたたんだ状態でも利用できるよう外側にも4.6インチディスプレイ(1960×840ドット)を搭載するという仕様で、価格は1980ドル(約22万円)から。

 一方、HUAWEIも折り畳み型の端末「Mate X」を発表している。こちらは外側にディスプレイが配置される形で折りたためるようになっているのが特徴(Engadget日本版の別記事ITmedia)。ディスプレイサイズは8インチ(2480×2200ドット)で、折りたたんだ状態では表側が6.6インチ(2480×1148ドット)、裏側が6.38インチ(2480×892ドット)となる。価格は2299ユーロ(約28万8000円)から。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | 携帯電話

 関連ストーリー:
LG、画面部分を巻き取って収納できる有機ELテレビを発表 2019年01月18日
Google、「Android」で折りたたみ式スマホをサポート。対応製品も公開 2018年11月14日
2画面・折り畳み式スマホ、ドコモから登場 2017年10月19日
Samsung、折りたたみ可能なGalaxy Noteを来年にも発売する計画 2017年09月15日
Samsungがハイエンド折り畳み式携帯電話「W2017」を発表、4.2インチ有機ELを外側と内側に2枚搭載 2016年11月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSamsungGalaxyファーウェイ(Huawei)

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース