オンコリスバイオFが一段高、「12人中8人でがんが消え」との報道が注目される

2019年2月26日 09:36

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■「テロメライシン」、岡山大病院が放射線と併用する臨床研究と伝わる

 オンコリスバイオファーマ<4588>(東マ)は2月26日、一段高で始まり、取引開始後に13%高の2547円(287円高)まで上げ、25日のストップ高に続き連日大幅高となっている。

 「テロメライシン」と呼ばれる腫瘍溶解性ウイルスによる新薬開発を進めており、26日、「岡山大学病院は食道がんの患者を対象にテロメライシンと放射線を併用する臨床研究を実施。12人中8人でがんが消え、放射線のみの治療よりも効果が高かった」(日経産業新聞2月26日付「ウイルス療法、実用化間近、免疫薬と併用、効果増大、難治がん、日本勢も治験」より)と伝えられ、材料視されている。このところ。バイオ株の急騰が目立つ中で、この一両日は出遅れ感が言われていたようで、一気に動意を強める形になった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース