「鉄拳7」の国際大会で無名のパキスタン選手が優勝

2019年2月22日 23:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 2月15日から17日にかけて福岡で開催されていた格闘ゲーム大会「EVO JAPAN 2019」の「鉄拳7」部門で、無名のプレイヤーだったパキスタンのArslan Ash選手が著名選手に次々と勝利して優勝した(4Gamerファミ通)。さらにこの選手が、「パキスタンにはもっと強いプレイヤーが7人いる」と発言し注目されている(Togetterまとめ

 パキスタンは政情が不安定で、インドとの領土問題も抱えており国内の治安も悪い状況だという。また、タリバンなどのテロ組織を支援しているとして米国との関係も悪い。そのため、海外プレイヤーがパキスタンを訪れるのはハードルが高く、そういった「未知の国」から強豪プレイヤーが現れたことが衝撃を与えたようだ。

 スラドのコメントを読む | ゲーム

 関連ストーリー:
パキスタン最高裁、シャリフ首相には国会議員に必要な誠実さがないと判断 2017年07月30日
パキスタン国防相「イスラエルがパキスタンを核攻撃する」という偽ニュースに対して核反撃を示唆 2016年12月28日
「eスポーツ」プロ化の障害となるビザ問題 2016年05月12日
格闘ゲームの世界大会「Evo 2013」、7月12日より開幕。ネット中継もあり 2013年07月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース