アズ企画設計が出直り強める、大幅な下方修正後もいたって堅調に推移

2019年2月22日 13:03

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■当年度に売却を見込んでいた販売用不動産が伸び悩んだが株価は底堅い

 アズ企画設計<3490>(JQS)は2月22日の後場、1479円(45円高)で始まり、再び出直りを強めている。収益用不動産販売や不動産賃貸事業、不動産管理事業などを行い、2月12日の取引時間中に今2月期の業績見通しを大幅に下方修正したにもかかわらず、株価は1400円をはさんで底堅い推移を続けている。いわゆる「織り込み済み」の相場が強まる期待が出ている。

 2月12日、今期・2019年2月期の連結業績見通しを全体に大幅減額して発表し、「投資用不動産に対する金融機関の融資姿勢の厳格化などの影響を受け、当会計年度に売却を見込んでいた販売用不動産の販売件数が伸び悩み」(リリースより)、売上高は従来予想を34%引き下げて53.51億円の見込みとし、純利益は同26%減額して1.61億円の見込みとした。ただ、株価はその後いたって堅調に推移している。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは戻り歩調、19年3月期は2Q累計が計画超の大幅増収増益で通期業績・配当予想も上方修正(2018/11/12)
巴工業は調整一巡して戻り歩調、18年10月期利益横ばい予想だが再増額余地(2018/11/12)
エランは明9日の3Q決算発表を前に通期業績再上ぶれ期待を高め下げ過ぎ訂正の続伸(2018/11/08)
メディシノバは続落もMN-166の臨床治験進展でバイオ株の逆行高特性を期待して突っ込み買いも交錯(2018/11/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース