海底ハウスの残骸が見つかる

2019年2月21日 22:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 静岡県沼津市・内浦湾で、「海底ハウス」の一部が発見された(朝日新聞)。

 この海底ハウスは1968年に愛媛県のミカン農家だった田中和栄氏らによって作られたもの(海洋総合辞典海底村プロジェクト)。一時は一般公開されていたが、死亡事故が発生したことから閉鎖されていたという。

 縦4m・横15m・高さ3mほどの寸法で、現在では魚礁となり、魚の住処になっているようだ。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | ニュース | idle

 関連ストーリー:
昨年深海で起きていた「過去100年間で最大規模の噴火」 2018年01月24日
JAMSTEC、深海での発電現象を確認 2017年06月02日
潜水艦ホテル、料金は一泊約2,500万円 2014年03月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード静岡県

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース