イナリサーチは連日ストップ高、最新のがん免疫治療「カーティー」に注目続く

2019年2月21日 10:15

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■ノバルティスファーマの治療法が日本で承認と伝えられ連想強まる

 イナリサーチ<2176>(JQS)は2月21日もストップ高の1009円(150円高)で売買され、2日連続ストップ高となっている。

 次世代のがん治療法として注目される「キメラ抗原受容体T細胞」(CAR-T:カーティー)に関する研究を信州大学から受託し、「最新のがん免疫治療『CAR-T細胞療法』国が承認へ」(NHKニュースWEB2019年2月20日21時24分)と伝えられたことなどが材料視されている。

 報道では、「承認されることが決まったのは、新しいがん免疫療法である『CAR-T細胞療法』の『キムリア』という治療法で、大手製薬会社ノバルティスファーマが申請していた」とされたが、これによりイナリサーチの取り組みがより広く知られることになるとの見方が出ている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは戻り歩調、19年3月期は2Q累計が計画超の大幅増収増益で通期業績・配当予想も上方修正(2018/11/12)
巴工業は調整一巡して戻り歩調、18年10月期利益横ばい予想だが再増額余地(2018/11/12)
エランは明9日の3Q決算発表を前に通期業績再上ぶれ期待を高め下げ過ぎ訂正の続伸(2018/11/08)
メディシノバは続落もMN-166の臨床治験進展でバイオ株の逆行高特性を期待して突っ込み買いも交錯(2018/11/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • ポーランドのワルシャワにあるニコラウス・コペルニクスの像。
  • 米月周回無人衛星「ルナー・リコネサンス・オービター 」が撮影した月の裏側 (c) NASA/GSFC/Arizona State University
  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース