NY原油:続伸で56.45ドル、原油供給削減への思惑広がる

2019年2月20日 07:35

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:35JST NY原油:続伸で56.45ドル、原油供給削減への思惑広がる
NY原油先物4月限は続伸(NYMEX原油4月限終値:56.45 ↑0.47)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物4月限は前日比+0.47ドルの56.45ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて一時56.73ドルまで買われた。主要産油国による原油供給の削減が想定されていることから、原油先物は底堅い動きを続けており、この日で5営業日連続の上げとなった。ユーロの反発を意識した買いも入ったようだ。《CS》

広告

財経アクセスランキング