Abalance 2Qは売上高が33.41億円、グリーンエネルギー事業が堅調に推移

2019年2月19日 16:53

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:53JST Abalance---2Qは売上高が33.41億円、グリーンエネルギー事業が堅調に推移
Abalance<3856>は14日、2019年6月期第2四半期連結決算を発表した。売上高が前年同期比27.8%減の33.41億円、営業利益が同52.5%減の3.75億円、経常利益が同50.1%減の3.80億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同52.8%減の2.63億円となった。

グリーンエネルギー(太陽光発電事業)、建機販売、ITの各事業を鋭意展開した結果、当第2四半期連結累計期間の業績は2018年8月14日時点での予想を上回った。

なお、売上・利益が前年同期比で各減となっているのは、2018年6月期第2四半期連結累計期間の売上・利益が、2017年6月期からの繰越案件の売上計上等による大幅増加であった。

2019年6月期通期の連結業績予想は、売上高が前期比0.3%増の73.23億円、営業利益が同44.7%減の5.12億円、経常利益が同35.7%減の5.62億円、親会社株主に帰属する当期利益が同50.2%減の3.77億円とする期初計画を据え置いている。《SF》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース