スマートスピーカー、国内の普及率は約6% 利用用途は「音楽」が圧倒的

2019年2月19日 19:19

小

中

大

印刷

 電通デジタルは18日、スマートスピーカーの国内利用実態について調査結果を発表した。全国の満15~69歳の男女個人1万人にインターネット調査を行ったという。

【こちらの調査も】AIの認知率は9割超 スマートスピーカーは10人に1人が所有 ジャストシステム調査

■普及率は約6%、認知率は約76%

 スマートスピーカーの普及率は約6%。メーカー別では、トップがGoogle Homeの2.9%、次いでAmazon Echo 2.4%、LINE Clova 0.9%と続いている。国内における普及は依然限定的としている。

■利用用途は「音楽」が圧倒的

 所有者の約4割が音楽スピーカー目的として購入し、実際に7割以上が音楽を聴くために利用しているという。スマートスピーカー購入後の変化としては「音楽を聴くようになった」という声が多く挙がるなど、利用用途として「音楽」に一極集中している。

■所有者の満足度は約70%

 期待度・満足度調査では、多くの所有者が事前の期待も高く、事後も約70%の満足度を示している。

 現在は開発元以外から提供されるアプリケーションが出揃っていないため、用途が限定的になっているが、今後はアプリケーションの拡大により満足度はさらに高まるとみられる。

■「音楽」用途以外の拡大がカギ

 所有していない理由としては「利用したいことがない」「どんなことができるのかよく分からない」などが挙がっている。

 音楽以外の機能拡張や3rd Partyアプリケーションの拡大が普及のカギとされ、今後は「気分や感情を読み取ったサービスの提供」「暮らしのサポート」などが期待されているという。

■アメリカでは成人の21%が所有

 アメリカの最新調査(NPRとEdison Research)では成人の21%となる、約5,300万人がスマートスピーカーを所有。順調に普及が進んでいるという。

 一方、日本では一般的に「発声の恥ずかしさ」や「音声認識精度への不安」からか、音声認識自体が他国ほど普及していない現状がある。今後、さらに進化を遂げるスマートスピーカー、国内においてどのように普及していくか見どころである。

関連キーワードLINE電通Amazon EchoGoogle Home

広告

広告

写真で見るニュース

  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース