イーサリアム急騰 仮想通貨相場を牽引 ビットコインと関係なく上昇続くとの見方も

2019年2月18日 13:11

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:11JST イーサリアム急騰 仮想通貨相場を牽引 ビットコインと関係なく上昇続くとの見方も
18日の仮想通貨相場はイーサリアム(ETH)が引っ張る形で全面高の様相を呈している。イーサリアムにポジティブな材料が相次いだ他、著名仮想通貨アナリストが「今後2、3週間」は強気と発言したことなどが背景にあるとみられる。

イーサリアムは執筆までの過去24時間で9%以上の上昇。ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)はわずかな上昇に止まっている。

「2、3週間は強気」
著名な仮想通貨アナリストのDonAlt氏は18日、今後2、3週間はイーサリアムに強気だとツイートした。

「(イーサリアム共同創業者の)ヴィタリックの切り絵を手に入れて、24時間/7日間そばに置いて起きたいくらいだ。BTCの動きに関わらず、イーサリアムは市場全体のパフォーマンスを超えるだろう。下落は巨大な買いの好機と捉えるだろう」

好材料
一方、FXcoinの松田康生氏は、JPモルガンの独自コインJPMコインがイーサリアムベースと伝わったことやイーサリアム先物についてCFTC(米商品先物取引委員会)にポジティブな内容の報告書が提出されたことなど、好材料がイーサリアム価格を動かしていると分析した。

JPMコインは、イーサリアムネットワークのプライベート版であるQuorum上に構築されると発表されている。

また、ウォール街の金融大手フィデリティや日本のマネックスグループが出資するErisX(エリスX)がイーサリアム先物についてCFTCにコメントを提出。「規制されたイーサリアムの先物取引を導入することは、市場の成長と成熟化に対してポジティブな影響を与えるだろう」と述べた。

エリスXには、先月、イーサリアム共同創設者のルービン氏が取締役として参画したことが報じられている。

(記事提供:コインテレグラフ日本版)
コインテレグラフ日本版は世界中で読まれている仮想通貨ニュースメディア大手「Cointelegraph」の日本語版です。新聞社やTV局出身者で構成される編集部が海外チームと連携しながら、仮想通貨相場を動かすニュースを発信し続けています。《FA》

広告

財経アクセスランキング