ASIAN STARの今期19年12月期は減収ながら増益

2019年2月17日 16:16

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 ASIAN STAR<8946>(JQS)は15日引け後に、今期19年12月期連結業績予想を発表した。19年12月期は、減収ながら増益を見込む。

 同社は、投資用マンション「グリフィンシリーズ」企画・販売事業を一旦縮小し、国内の不動産管理・賃貸・仲介事業のストック型フィービジネスへ事業構造を転換した。14年2月には中国における不動産関連事業(サービスアパートメント運営管理事業、ワンルームマンション賃貸事業)へ進出した。16年5月には資本提携先を変更し、上海徳威企業および徳威国際(上海徳威企業の100%子会社)の2社と資本提携契約を締結した。18年11月には投資事業を行う子会社ASIAN STAR INVESTMENTSを設立している。

 今期は、不動産管理事業では、国内、中国でサービスの向上と内容の拡大に努め、安定的な収益獲得と新規の管理受託件数の増加を目指す。また、不動産販売事業は、横浜エリアを中心とした戸建の販売戸数の増加を見込んでいる。更に、不動産仲介事業については、投資用及び居住用物件の積極的な斡旋により取扱件数の増加を目指し、不動産賃貸事業は、稼働率の維持に努めるとしている。

 その結果、今期19年12月期連結業績予想は、売上高30億40百万円(前期比2.9%減)、営業利益65百万円(同8.6%増)、経常利益59百万円(同35.5%増)、純利益34百万円(前期△73百万円)を見込んでいる。

 なお、18年12月期連結業績は、特別損失と営業外費用を計上したことで、下方修正となった。

 ちなみに、18年12月期連結業績は、売上高31億29百万円(前年同期比80.8%増)、営業利益59百万円(同13.9%増)、経常利益43百万円(同33.8%増)、純利益△73(前年同期02百万円)であった。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは戻り歩調、19年3月期は2Q累計が計画超の大幅増収増益で通期業績・配当予想も上方修正(2018/11/12)
巴工業は調整一巡して戻り歩調、18年10月期利益横ばい予想だが再増額余地(2018/11/12)
エランは明9日の3Q決算発表を前に通期業績再上ぶれ期待を高め下げ過ぎ訂正の続伸(2018/11/08)
メディシノバは続落もMN-166の臨床治験進展でバイオ株の逆行高特性を期待して突っ込み買いも交錯(2018/11/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • ヨドバシ梅田タワーのイメージ。(ヨドバシホールディングス発表資料より)
  • 「next cruiser EV」(画像: ブレイズの発表資料より)
  • 「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」(画像: サムスン電子ジャパンの発表資料より)
  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース