伊藤忠テクノソリューションズ<4739>のフィスコ二期業績予想

2019年2月17日 11:13

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:13JST 伊藤忠テクノソリューションズ<4739>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2019年2月4日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

伊藤忠テクノソリューションズ<4739>

3ヶ月後
予想株価
3,000円

伊藤忠系のシステムインテグレータ。通信会社向けに強み。クラウドなど収益積み上げ型ビジネスを強化。5G案件や海外案件の獲得にも力注ぐ。中計では21.3期に最終益300億円を目指す。19.3期3Qは営業増益。

19.3期は情報通信案件が堅調。4Qには5G関連の大型案件を獲得。金融案件や流通案件も底堅い。不採算案件減少で利益率改善。人件費増などをこなし、利益続伸へ。連続増配。株価は5G関連として堅調な展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/451,000/35,500/35,500/24,500/106.05/48.00
20.3連/F予/473,000/37,500/37,500/25,500/110.38/50.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/02/04
執筆者:JK《FA》

広告

財経アクセスランキング