NY原油:続伸で54.41ドル、産油国の供給削減による需給均衡への期待も

2019年2月15日 07:34

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:34JST NY原油:続伸で54.41ドル、産油国の供給削減による需給均衡への期待も
NY原油先物3月限は続伸(NYMEX原油3月限終値:54.41 ↑0.51)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比+0.51ドルの54.41ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて一時54.68ドルまで買われた。原油需要の減少には主要産油国による供給削減で対応可能との見方が増えており、原油先物は底堅い動きを見せた。ユーロが下げ渋っていることも多少意識されていたようだ。《CS》

広告

広告

写真で見るニュース

  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース