欧州為替:ドル・円は111円割れ、米長期金利の低下続く

2019年2月14日 19:16

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*19:16JST 欧州為替:ドル・円は111円割れ、米長期金利の低下続く

 欧州市場でドル・円は111円を割り込み、一時110円96銭まで軟化した。株高にも米10年債利回りが一時2.68%台まで低下し、ややドル売り方向に振れた。一方、19時に発表されたユーロ圏の10-12月期域内総生産(GDP)改定値は速報値と一致し、景気減速を懸念したユーロ売りは回避された。そのため、ドルの戻りは鈍いようだ。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円96銭から111円11銭。ユーロ・円は124円94銭から125円39銭、ユーロ・ドルは1.1250ドルから1.1290ドルで推移。《KK》

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース