マザーズ先物見通し:米中協議の動向を見定めようとの姿勢からもみ合いか

2019年2月14日 08:45

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:45JST マザーズ先物見通し:米中協議の動向を見定めようとの姿勢からもみ合いか
本日のマザーズ先物は、米国株の上昇や一時1ドル=111円台まで下落した円安といった良好な外部環境を映して買いが先行して始まりそうだが、北京で開催される米中両国の閣僚級による貿易協議の動向を見極めたいとのムードから全般はもみ合う展開が予想される。他方、日経平均が21000円を突破し、本日も上げ足を速めた場合は、個人投資家によるマインドも改善することが見込まれ、マザーズ先物が上値を試す可能性がある点には留意しておきたい。個別では、PKSHA<3993>が株式分割を、ラクス<3923>は今期営業利益見通しの上方修正を発表している。上値のメドは880.0pt、下値のメドは860.0ptとする。《SK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース