Youtubeで「ゆっくり解説」系動画の収益化剥奪相次ぐ

2019年2月13日 23:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 昨年秋頃より、いわゆる「ゆっくりボイス」と呼ばれるAquesTalk系合成音声と「東方Project」のキャラクター等が色々なことを解説する「ゆっくり解説」系YouTuberによる動画が、スパム(価値のない質の低いコンテンツ)判定されて収益化を剥奪されるケースが続出している。

 よくまとまっている「オロドウ日記」のチャンネルの対策についてと「ゆっくり解説は困難かも・・・」によると、昨年秋頃にYouTubeパートナープログラムの規約が改定され、スパム判定される要素として「繰り返しの多いコンテンツ」、「教育的または他の価値もない視聴回数を増やすだけが目的の大量生産コンテンツ」、「再利用されたコンテンツ」が追加されたという。

 これを受けて、多くが同じ顔イラストを使用しており、動きが少ないスライドショー的なものも多いゆっくり解説系動画がYouTubeのAIによってスパム判定されやすくなったと思われるとのこと。「ゆっくり解説を独自コンテンツとして見ていないYouTube側の基準を変えなければゆっくり解説はいずれすべて継続困難になる可能性があります」としており、収益化復帰のため以下の対策をするとしている。

 動きがなくスライドショーと見なされる恐れの高い動画を削除 
 実写動画の拡充、顔出しの検討 
 背景の差し替え 
 一部URLの削除 
 外部サイト誘引と判定される可能性のある画像の削除 
 サムネイル変更(企業ロゴを外す) もし収益化再審査に不合格となったの場合、収入がなくなるためにYouTuberとしての活動は難しくなりそうだ。

 また、物理エンジン系Vtuberのこーじ氏も同様に実写動画の拡充や顔出しに踏み切っている。

 匿名文化の根強い日本とそうでないアメリカのネット文化の違いが垣間見られる事例かもしれない。また、いわゆるVtuberにも影響があるかもしれません。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | YouTube | IT | お金

 関連ストーリー:
任天堂、個人によるプレイ実況動画などの公開を許容するガイドラインを発表 2018年11月30日
YouTube、視聴回数が1万未満のチャンネルについては広告を非表示へ 2017年04月11日
英国で政府や大手メディアがYouTubeへの広告出稿を取りやめる 2017年03月20日
YouTubeの収益化プログラム、順調に成長中 2012年08月01日
YouTubeに上げられるコンテンツの事前審査コストは年間約370億ドル? 2012年06月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードYouTube東方Project

関連記事

広告