12日の日本国債市場概況:債券先物は152円67銭で終了

2019年2月12日 18:43

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:43JST 12日の日本国債市場概況:債券先物は152円67銭で終了
<円債市場>
長期国債先物2019年3月限
寄付152円79銭 高値152円83銭 安値152円67銭 引け152円67銭
売買高総計26339枚

2年 397回 -0.165%
5年 138回 -0.160%
10年 353回 -0.020%
20年 167回 0.420%

債券先物3月限は、152円79銭で取引を開始。日銀が実施した国債買い入れオペで10-25年が減額されたことや、米国の政府機関の再閉鎖回避への期待から円安・株高となったことで売りが優勢となり、152円83銭から152円67銭まで下落した。現物債の取引では、全年限が売られた。

<米国債概況>
2年債は2.50%、10年債は2.68%、30年債は3.02%近辺で推移。
債券利回りは上昇。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は0.13%、英国債は1.19%、オーストラリア10年債は2.11%、NZ10年債は2.09%。(気配値)


[本日の主要政治・経済イベント]
・24:00 米・12月JOLT求人件数(予想:684.6万件、11月:688.8万件)
・01:00 パウエル米FRB議長がミシシッピ州大学生と対話
・02:45 パウエル米FRB議長講演(貧困地域での経済発展について)《KK》

広告