CRI・ミドルウェア、こもりがちな音をクリアに再生する音響補正ソリューションを富士通が採用

2019年2月12日 14:58

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■パイオニア、スウェーデンのDirac社と3社で共同開発

 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)は2月12日、パイオニア<6773>(東1)とDirac Research AB社(スウェーデン、Dirac社)の3社で共同開発した音響補正ソリューションについて、このほど、富士通<6702>(東1)グループの富士通クライアントコンピューティングが2月に発売する富士通パソコン「FMV」のデスクトップモデルに採用されたと発表した。

 昨今、オーディオ機器、ゲーム、家電などのさまざまな筐体が小型化や薄型化したことで音がこもりやすくなっていることがサウンド再生の課題となっている。こうした中で、CRI、パイオニア、Diracの3社は、それぞれのサウンド技術を融合した音響補正ソリューションを開発し、幅広い市場向けに提案している。

 3社が共同開発した音響補正ソリューションは、Dirac社の音響補正・音場補正技術「Dirac Audio enhancement」をベースに、筐体上の音質や音場定位などの課題解決ノウハウを持つパイオニアが音響チューニングを行い、ゲームやアミューズメント機器で実績のあるCRIのサウンドミドルウェア「CRIWARE(シーアールアイウェア)」と組み合わせることで、様々な形の筐体スピーカーに応じてリアルタイムに音響補正し、こもりがちな音をクリアに再生することを可能にした。ステレオ感にかかわる補正も行い、臨場感を最大限に引き出すという。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは戻り歩調、19年3月期は2Q累計が計画超の大幅増収増益で通期業績・配当予想も上方修正(2018/11/12)
巴工業は調整一巡して戻り歩調、18年10月期利益横ばい予想だが再増額余地(2018/11/12)
エランは明9日の3Q決算発表を前に通期業績再上ぶれ期待を高め下げ過ぎ訂正の続伸(2018/11/08)
メディシノバは続落もMN-166の臨床治験進展でバイオ株の逆行高特性を期待して突っ込み買いも交錯(2018/11/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース