グリムス 急騰、19年3月期第3四半期の営業利益40.5%増、進捗率89.3%/新興市場スナップショット

2019年2月12日 13:23

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:23JST <3150> グリムス 1907 +207
急騰。19年3月期第3四半期累計(18年4-12月)の営業利益を前年同期比40.5%増の11.37億円と発表している。エネルギーコストソリューション事業で各種省エネ設備、スマートハウスプロジェクト事業で蓄電池が好調だった。また、小売電気事業も順調に伸びた。通期予想は前期比25.0%増の12.73億円で据え置いた。進捗率は89.3%に達しており、計画上振れの公算が大きいとの見方から買いが広がっている。《US》

広告

広告

写真で見るニュース

  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース