ソフトMAX ストップ高買い気配、19年12月期の営業利益予想は58%増、18年12月期年間配当は30円に増額/新興市場スナップショット

2019年2月12日 12:49

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*12:49JST <3671> ソフトMAX 1453カ -
ストップ高買い気配。19年12月期の営業利益予想を前期比58.4%増の4.00億円と発表している。クラウド対応型の医療情報システムに加え、地域医療連携の普及促進、介護と連携した地域包括ケアシステムの構築、AIの活用、その他医療関連サービスにも取り組む。年間配当予想は30.00円。同時に発表した18年12月期の営業利益は56.1%増の2.52億円で着地した。同期の年間配当は30.00円(前期実績20.00円)に増額した。《US》

広告

広告

写真で見るニュース

  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース