ウィルグループは急伸、19年2月期増収増益予想

2019年2月12日 08:53

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 ウィルグループ<6089>(東1)は、派遣・請負の人材サービスを展開している。19年3月期第3四半期累計は減益だったが、四半期ベースで第3四半期は増益だった。そして通期増益予想である。株価は第3四半期の増益を好感して急伸した。出直りを期待したい。

■派遣・請負の人材サービスを展開

 セールスアウトソーシング事業、コールセンターアウトソーシング事業、ファクトリーアウトソーシング事業、介護ビジネス支援事業、海外HR事業、スタートアップ人材支援事業など、派遣・請負の人材サービスを展開している。

 19年1月にはHR領域の有望ベンチャーに投資する2号ファンドを設立した。またシンガポールの子会社WAPがシンガポールのCCGを子会社化した。

■19年3月期増収増益予想、3Q累計で減益だが3Qは増益

 19年3月期連結業績予想は、売上高が18年3月期比26.3%増の1000億円、営業利益が7.5%増の26億円、経常利益が6.6%増の26億円、純利益が11.6%増の13億50百万円としている。

 第3四半期累計は、売上高が前年同期比33.8%増の762億90百万円、営業利益が6.0%減の19億54百万円、経常利益が5.1%減の19億69百万円、純利益が3.5%減の10億09百万円だった。

 累計ベースでは減益だが、四半期別に見ると第3四半期の経常利益は12.4%増の8億72百万円で、回復傾向となった。コールセンターアウトソーシング事業、ファクトリーアウトソーシング事業が牽引した。また第3四半期累計の進捗率は売上高76.3%、営業利益75.2%、経常利益75.8%、純利益79.2%と順調である。通期ベースで好業績を期待したい。

■株価は急伸

 株価は1月4日安値763円から切り返し、さらに第3四半期の増益を好感して急伸した。2月8日にはストップ高の1081円まで急伸した。出直りを期待したい。2月8日の終値は1081円、今期予想連結PERは約18倍、時価総額は約240億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【小倉正男の経済コラム】「キャスター」VS「SNS」、正義は独占できない(2018/11/10)
スリープロはレンジ下限水準から続伸、3Q高利益進捗率業績を見直し決算発表に期待を高め下げ過ぎ訂正(2018/11/06)
トレジャー・ファクトリーは調整一巡感、19年2月期予想に上振れ余地(2018/11/09)
LTSは続落も3Q決算発表を前に年平均利益成長率19.9%を手掛かりに押し目買い好機(2018/10/23)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告