MCJは戻り歩調、19年3月期増収増益予想で3Q累計2桁増益と順調

2019年2月12日 08:50

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 MCJ<6670>(東2)はパソコン関連事業を主力として、eスポーツ分野への関与も強化している。19年3月期増収増益予想である。そして第3四半期累計は2桁増益と順調だった。株価は12月安値から切り返して戻り歩調だ。出直りを期待したい。

■パソコン関連事業が主力

 パソコン関連事業(普及モデルmouseブランドパソコン、クリエイター向けパソコンDAIV、ゲーミングパソコンG=Tune等の受注生産、iiyamaブランドモニタの欧州販売など)を主力として、総合エンターテインメント事業(aprecioブランドの複合カフェ店舗運営)も展開している。

 成長戦略として、パソコン関連事業の収益力強化に向けた積極先行投資を継続し、eスポーツ分野への関与も強化している。

■19年3月期増収増益予想で3Q累計2桁増益と順調

 19年3月期の連結業績予想は、売上高が18年3月期比5.3%増の1311億円、営業利益が5.8%増の90億円、経常利益が1.8%増の89億円、純利益が2.4%増の59億50百万円としている。

 第3四半期累計は売上高が前年同期比9.6%増の986億80百万円、営業利益が14.3%増の68億38百万円、経常利益が13.9%増の68億58百万円、純利益が19.3%増の48億29百万円だった。

 パソコン関連事業が好調に推移し、保有不動産売却の反動影響を吸収して増収・2桁増益だった。売上高、利益とも過去最高を更新した。通期予想に対する進捗率は売上高75.3%、営業利益76.0%、経常利益77.1%、純利益81.2%と順調である。通期ベースでも好業績を期待したい。

■株価は戻り歩調

 株価は12月安値579円から切り返して戻り歩調だ。2月5日には781円まで上伸した。出直りを期待したい。2月8日の終値は763円、今期予想連結PERは約12倍、時価総額は約776億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【小倉正男の経済コラム】「キャスター」VS「SNS」、正義は独占できない(2018/11/10)
スリープロはレンジ下限水準から続伸、3Q高利益進捗率業績を見直し決算発表に期待を高め下げ過ぎ訂正(2018/11/06)
トレジャー・ファクトリーは調整一巡感、19年2月期予想に上振れ余地(2018/11/09)
LTSは続落も3Q決算発表を前に年平均利益成長率19.9%を手掛かりに押し目買い好機(2018/10/23)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース