NY為替:欧州の政治・経済への不安でユーロ売り強まる

2019年2月12日 07:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:15JST NY為替:欧州の政治・経済への不安でユーロ売り強まる
11日のニューヨーク外為市場でドル・円は、110円20銭から110円47銭まで上昇し、110円38銭で引けた。米中貿易協議再開への期待で米債利回り上昇に伴うドル買い・円売りが優勢となった。ただ、米国政府機関が再度閉鎖されるリスクに直面しており、リスク選好的なドル買いは110円台前半で一服した。

ユーロ・ドルは、1.1315ドルから1.1267ドルまで下落し、1.1276ドルで引けた。域内経済の成長減速懸念や反欧州連合(EU)派が勢力を強めているとの報告が嫌気され、ユーロ売りに拍車がかかった。ユーロ・円は、124円88銭まで上昇後、124円42銭まで下落。ポンド・ドルは、1.2914ドルから1.2845ドルまで下落。予想を下回った昨年10−12月期の英国内総生産(GDP)を嫌気したポンド売りが加速した。ドル・スイスは、1.0032フランから1.0054フランまで上昇した。《MK》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース