神島化学工業<4026>のフィスコ二期業績予想

2019年2月11日 20:36

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*20:36JST 神島化学工業<4026>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2019年1月31日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

神島化学工業<4026>

3ヶ月後
予想株価
800円

不燃内装・外装材等の建材が主力の無機化学メーカー。自動車やエレクトロニクス産業向けのマグネシウム化合物や窯業系建材の成形品を手掛ける。19.4期上期は建材と化成品が堅調も、原材料や輸入燃料価格上昇が重し。

19.4期の建材は都市型高層ビル向け非住宅耐火パネルが好調に推移。化成品も国内を中心に伸長が続く見通し。原材料費の上昇は収益・コスト改善により吸収へ。株価は買い増勢が続く。3%台の配当利回りも後押し。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.4期単/F予/22,000/850/750/550/60.10/20.00
20.4期単/F予/23,000/890/790/570/84.15/20.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/01/31
執筆者:NI《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース