カワサキ、名機「W1」の血統を継ぐ「W800シリーズ」を復活

2019年2月10日 18:01

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

カワサキは、2016年7月のファイナルエディションを最後に同社ラインアップから姿を消していた大型トラディショナルバイク「W800シリーズ」を復活させる。写真は「W800ストリート」

カワサキは、2016年7月のファイナルエディションを最後に同社ラインアップから姿を消していた大型トラディショナルバイク「W800シリーズ」を復活させる。写真は「W800ストリート」[写真拡大]

写真の拡大

 カワサキモータースジャパンは、空冷バーチカルツインエンジンを搭載する大型トラディショナルバイク「W800シリーズ」を復活させる。「W800ストリート」および「W800カフェ」を3月1日に発売すると発表した。

 W800は、メグロから引き継いだ50年にわたる「W」ブランドの血脈の最新進化形だ。名機「W1」が背負った使命を「Ninja」「Z」に引き継いだ今、かつての「W1」がもっていた「ビッグバイクらしさ」、つまり「操る悦び」「所有する悦び」「愛でる悦び」を純粋培養し、トラディショナルな“らしさ”にこだわったモーターサイクルだ。

 厳しい排出ガス規制に適合した、美しい外観を持つ空冷バーチカルツインエンジンのほか、360°クランクの特性を活かした鼓動感のあるエキゾーストサウンドなど、オリジナル「W」の雰囲気を損なわないように配慮しながらも現代的で信頼性の高いパフォーマンスを実現した。搭載エンジンは773ccバーチカルツインSOHC、最高出力は52ps(38kW)/6500rpm、最大トルクは62Nm(6.3kg.m)/4800rpm。ブレーキは前後ディスクとなる。

 「W800ストリート」は、シンプルでブラックアウトされたデザイン。クラシックなアップライトスタイルのハンドルバー、770mmのシート高としたロープロファイルシートを備え、現代のモーターサイクルでは見つけることが難しい、真のクオリティと時代を超越した美しさを持ち合わせたモデルといえる。

 一方、「W800カフェ」は、クラシカルかつスポーティなカフェレーサー。専用フロントカウルを装備するほか、クラブマンスタイルのハンドルバーとカフェシート(シート高790mm)による適度な前傾姿勢となる。

 W800は、トラディショナルな美しさとロングストロークのバーチカルツインエンジンによる味わい深いライディングフィールが魅力のモデルとして人気を博していたが、2016年7月のファイナルエディション発売を最後にフェイドアウトしていた。

 「W800ストリート」はメタリックフラットスパークブラック×メタリックマットグラファイトグレーで、99万3600円。「W800カフェ」はメタリックマグネシウムグレー×ギャラクシーシルバーで、111万2400円だ。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
自立する自動二輪車概念検証実験試作車、ヤマハ「MOTOROiD」初公開
ホンダのマニアックなレジャーバイク、モンキーが125ccで復って来た
ホンダ、昨年のモーターショーで密かな人気だった「クロスカブ」正式発売

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードカワサキモータースジャパン

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース