戦艦「比叡」、ソロモン諸島の海底で見つかる

2019年2月7日 09:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Microsoftの共同創業者であり、昨年10月に死去していたポール・アレン氏は太平洋戦争で沈没した戦艦の調査を行う活動を行っていた。調査チームは今まで戦艦武蔵インディアナポリス戦艦山城などの戦艦を発見していたが、新たに戦艦比叡を発見したことが明らかになった(NHK)。

 比叡が見つかったのはガダルカナル島の北側に位置するソロモン諸島・サボ島沖。サボ島の北西、深さ985mの海底に沈んでいたという。調査チームが撮影した海底の様子では、スクリューや砲身などとみられるものが確認できる。船体は真っ二つに分かれており、今回発見されたのはその後方約150mの部分。前方約70mの部分は見つかっていない。

 当時の記録ではかじが効かなくなったために艦を放置したとされているが、映像中のかじの状態はそれを裏付けるもので、また船体が切断されていることは今回の発見で初めて分かったという。

 スラドのコメントを読む | 軍事

 関連ストーリー:
Microsoft共同創業者のポール・アレン氏、死去 2018年10月16日
ポール・アレン氏の沈没船探査チーム、今度は戦艦山城を発見 2017年11月29日
ポール・アレン、フィリピン海でインディアナポリスを発見 2017年08月23日
フィリピン・シブヤン海で発見された戦艦武蔵、本日AM10時よりその様子をネットで生中継 2015年03月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードポール・アレン

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース