Itanium 9700シリーズ、21年夏で出荷終了 後継の予定は現時点ではなし

2019年2月5日 15:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Intelがサーバー/HPC分野向けのCPUであるItaniumプロセッサの現行モデルであるItanium 9700シリーズ(Kittson)について、2021年夏で出荷を終了する計画を発表した。後継製品の計画については言及されておらず、Itaniumシリーズはこれで終息となる模様(AnandTechPublickey)。

 Kittsonは2017年5月に発表されたシリーズで(過去記事)、「最後のItanium」とも言われていた(PCWorld)。搭載サーバーはHPが発売しているが、それらは2025年までサポートが継続される予定のようだ。

 スラドのコメントを読む | Intel

 関連ストーリー:
Itanium 9700シリーズ、ひっそりと登場 2017年05月15日
Itaniumのサポートを廃止したOracleをHPEが訴えた裁判、賠償金支払いが認められる 2016年07月07日
HPのハイエンドサーバーSuperdome、ついにItaniumの採用をやめる 2014年12月12日
HPのNonStop Server、CPUをItaniumからx86へ切り替える? 2013年11月08日
オラクル、Itanium向けソフト開発を終了すると発表 2011年03月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIntel

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース