バイオハザード2、リメイクで豆腐が木綿豆腐にバージョンアップ

2019年1月24日 21:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 人気ゲーム「バイオハザード2」のリメイク作品である「バイオハザードRE:2」が1月25日に発売されるが、その発売前に人気キャラクター「豆腐」が大幅にバージョンアップされていることが明らかになった(AUTOMATONGame*Spark)。

 「豆腐」はバイオハザード2のエクストラシナリオ「The豆腐Survivor」の主人公として登場するキャラで、要するにデバッグ用の四角いキャラクターをおまけシナリオに流用したものである。ところが、リメイクにあたって何を思ったかこの豆腐のクオリティが大幅にアップされており、実際の木綿豆腐をスキャンしたものが使われるようになったそうだ。さらにぷるぷる感も高まっているという。

 開発側では「The豆腐Survivor」のショートムービーも公開しており、実際に「豆腐の動く姿」が確認できるようになっている。どうしてこうなった。

 スラドのコメントを読む | 変なモノ | ゲーム

 関連ストーリー:
文字化けの「豆腐」を再現することのできる日本語フリーフォント「TofuFont」がリリース 2015年04月01日
バイオハザードを手がけた三上真司氏の新作ホラーゲームはDLCでCERO Z相当になる 2014年07月09日
「ビグ・ザムとうふ」、6月7日より発売 2013年06月06日
GT が選んだゲームクリエイタートップ 10 2009年01月19日
ゾンビはゲームキューブにのみ生息する 2001年09月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードバイオハザード

広告