Android Q、SIMロック機能が大幅に強化

2019年1月24日 21:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 次期Android OSである「Q」の初期ビルドが開発者コミュニティサイトにリークされ、これによって「ダークモード」などの発表されていない新機能が明らかになっている。また別の情報によると「キャリア制限機能の強化」、つまりSIMロック機能の強化も行われているようだ。事業者別に「許可」および「除外」を指定でき、キャリアがSIMロック電話をより強力に制御できるようになるという。

 たとえばデュアルSIM対応端末で2番目のSIMの使用を制限したり、同じキャリア系列のネットワークを利用しているMVMOであっても、キャリア系がMVMOをブラックリストに入れることで制限できるなど、細かな制御が可能になるようだ。

 ほかにも、1番目のSIMスロットにキャリアのアクティブなSIMを挿入しないと、2番目のスロットをアクティブ化できないといったルールも作成可能だとしている(9to5GoogleAndroid Authority Slashdot)。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | 携帯電話 | Android

 関連ストーリー:
Android PayがSuicaとWAONに対応 2018年05月28日
Google、企業が導入するのに適したAndroidデバイスとサービスの推奨プログラムを発表 2018年02月25日
Nexus 7 の SIM ロックフリーモデル、日本でも発売開始へ 2013年02月08日
ソフトバンク、SIM ロック解除機能を搭載したスマートフォンを発売 2011年08月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroid

広告