KeyHolderは出直り期待、ライブ・エンターテインメント事業で収益柱構築目指す

2019年1月23日 09:06

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 KeyHolder<4712>(JQ)は、アミューズメント施設運営領域から撤退し、ライブ・エンターテインメント事業を中心とした新規事業で収益柱の構築を目指している。株価は下値を切り上げて調整一巡感を強めている。出直りを期待したい。

■ライブ・エンターテインメント事業で新たな収益柱の構築を目指す

 Jトラスト<8508>グループで、17年10月旧アドアーズが持株会社へ移行して商号をKeyHolderに変更、18年3月子会社アドアーズをワイドレジャーに譲渡してアミューズメント施設運営領域から撤退した。

 19年3月期から開始したライブ・エンターテインメント事業を中心に、M&Aやアライアンスも活用して、新規事業で収益柱の構築を目指している。既存の不動産事業(不動産分譲部門、不動産賃貸部門、店舗サブリース部門)および商業施設建築事業は堅実な拡大を目指す。

 18年2月三越伊勢丹プロパティ・デザインとの定期建物賃貸借契約締結に関する覚書締結、ライブ・エンターテインメント事業開始、広告・プロモーション企画等を行うallfuz社と業務提携した。ライブ・エンターテインメント事業のライブ・イベントスペースとして三越伊勢丹・新宿アルタ店を活用する。

 18年4月ライブ・イベントスペース運営子会社KeyStudioを設立、18年6月子会社KeyStudioがライブ動画ストリーミングプラットフォーム運営や番組制作のSHOWROOM社と業務提携、子会社KeyStudioがY&Nおよびallfuzと業務提携した。また秋元康氏が特別顧問に就任した。18年7月には子会社KeyProductionがBIGFACE社から譲り受けたテレビ番組制作事業を開始した。また秋元康氏、Y&N、allfuzらと合弁会社FA Project(FAP)を設立した。18年11月には合弁会社FAPにおけるカラーコンタクトレンズ事業開始を発表した。

 18年12月には、新設(19年1月)子会社SKEを引き受け先として、芸能プロダクションAKSからアイドルグループSKE48事業を譲り受ける事業譲渡契約を締結した。芸能プロダクション事業を開始(19年3月1日予定)する。なお新設SKEの株式20%をAKSに譲渡(19年3月1日予定)するため、SKEへの出資比率は80%となる。

■19年3月期大幅営業増益目指す

 19年3月期連結業績予想(IFRS)は、売上収益が18年3月期比18.9%増の100億円、営業利益が6.6倍の3億円、親会社株主帰属純利益が1億円としている。

 第2四半期累計は、売上収益が21.9%増収、営業利益が1億08百万円の赤字で横ばい、親会社株主帰属純利益が1億43百万円の赤字だった。新規事業開始、商業施設建築事業の海外飲食大手の大口案件などで増収だが、新規事業立ち上げコストなどで赤字だった。

 通期では、ライブ・エンターテインメント事業(KeyStudio、KeyProduction)の基盤強化、既存の不動産事業(不動産分譲部門、不動産賃貸部門、店舗サブリース部門)および商業施設建築事業の拡大を推進し、大幅営業増益を目指すとしている。

 配当予想は18年3月期と同額の年間1円(期末一括)としている。予想配当性向は139.2%となる。なお株主優待制度は18年3月期末から対象株主を2000株(20単元)以上保有株主に変更した。

■株価は出直り期待

 株価は下値を切り上げて調整一巡感を強めている。出直りを期待したい。1月22日の終値は129円、今期予想連結PER(会社予想連結EPS72銭で算出)は約179倍、今期予想配当利回り(会社予想の年間1円で算出)は約0.8%、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS77円34銭で算出)は約1.7倍、時価総額は約180億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【小倉正男の経済コラム】「キャスター」VS「SNS」、正義は独占できない(2018/11/10)
スリープロはレンジ下限水準から続伸、3Q高利益進捗率業績を見直し決算発表に期待を高め下げ過ぎ訂正(2018/11/06)
トレジャー・ファクトリーは調整一巡感、19年2月期予想に上振れ余地(2018/11/09)
LTSは続落も3Q決算発表を前に年平均利益成長率19.9%を手掛かりに押し目買い好機(2018/10/23)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告