東京スカイツリーからは「西から昇った太陽」が見える

2019年1月22日 22:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 スカイツリーを利用すると「西から昇る太陽」を見られるそうだ。太陽が沈んだ直後にスカイツリーのエレベータに乗って地上350メートルの高い場所に移動すれば、その過程で太陽が再び昇っていくように見えるという(朝日新聞)。

 これは、理数教育研究所が主催する「算数・数学の自由研究作品コンクール」に応募された、青森県弘前市・弘前大学教育学部付属中学校の生徒によって考案されたもの。この研究では日没の50秒後にどれだけの高さの場所に移動すれば再び太陽が見えるようになるかを計算し、その結果「35メートル」という結論が出たという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス | 宇宙

 関連ストーリー:
夏休みの自由研究に「著作権」JASRAC が学研キッズに特設サイト 2012年07月30日
千葉の小学4年生、アリジゴクは排泄しないという通説を覆す? 2010年11月08日
夏休みの自由研究に「Mad Science――炎と煙と轟音の科学実験54」はいかが? 2010年07月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東京スカイツリー

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース