ラクス 2000円処が目先的なターゲットとして意識されてくる

2019年1月21日 08:21

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:21JST <3923> ラクス - -
昨年12月25日安値1530円をボトムに緩やかなリバウンド基調をみせており、先週までの上昇で上値抵抗の25日線を捉えてきている。一目均衡表では雲を下放れて推移しているが、転換線を支持線としたリバウンドから基準線を捉えてきており、同線突破から雲下限が位置する2000円処が目先的なターゲットとして意識されてきそうだ。遅行スパンは下方シグナルを継続させているが、実線が切り下がってくることから、日柄調整で上方シグナルを発生させてくる可能性がある。《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース