AMBITIONの『セジョリ池上(C‘est joli IKEGAMI)』が「クチコミアワード 2018」を受賞

2019年1月20日 11:54

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

AMBITION<3300>(東マ)の運営する、大田区国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業(以下、「特区民泊事業」)認定を受けた『セジョリ池上(C‘est joli IKEGAMI)』が、Booking.com B.V.(本 社:オランダ・アムステルダム)が運営する世界最大の宿泊予約サイト「Booking.com」の主催する「クチコミアワード 2018」を受賞した。

AMBITION<3300>(東マ)の運営する、大田区国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業(以下、「特区民泊事業」)認定を受けた『セジョリ池上(C‘est joli IKEGAMI)』が、Booking.com B.V.(本 社:オランダ・アムステルダム)が運営する世界最大の宿泊予約サイト「Booking.com」の主催する「クチコミアワード 2018」を受賞した。[写真拡大]

写真の拡大

■2016年度受賞の「クチコミ アワード 2016」に続き2回目の受賞

 AMBITION<3300>(東マ)の運営する、大田区国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業(以下、「特区民泊事業」)認定を受けた『セジョリ池上(C‘est joli IKEGAMI)』が、Booking.com B.V.(本 社:オランダ・アムステルダム)が運営する世界最大の宿泊予約サイト「Booking.com」の主催する「クチコミアワード 2018」を受賞した。今回の受賞で、2016年度受賞の「クチコミ アワード 2016」に続き2回目の受賞となる。

 2016年4月25日に特区民泊事業認定を受けた『セジョリ池上』は、大田区としては中国語及び韓国語に対応した初めての事業認定となった。また、国内観光客や東京出張のビジネスマンにも幅広く活用してもらえる体制を整えている。宿泊者は英語圏が6割程度、その他ヨーロッパ、アジア、東欧、日本など世界各国の旅行者から高い評価を得ている。

 政府がヤミ民泊に対する取り締まりと法整備を進める中で、AMBITIONの民泊は、大田区から正式に認定を受けた事業である。認定事業者の中でも、他の事業者とは、ハード・ソフト両面から差別化を図っている。ハード面においてはデザイナーズマンションを利用した質の高い宿泊施設・室内設備を提供し、ソフト面においては、WEBを利用した宿泊手続き・多言語対応等のサービスを提供している。

 国家戦略特区を活用した「特区民泊」を全国で最初に導入した東京都大田区は2017年 10月18日、利用できる条件を「6泊7日以上」から「2泊3日以上」に短縮すると発表した。以来、AMBITIONは、保険関係や消防関係の適格要件を整え、 「6泊7日」から「2泊3日」への変更の届出をし、2018年3月15日に「特区民泊」改正条例が施行された。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【小倉正男の経済コラム】「キャスター」VS「SNS」、正義は独占できない(2018/11/10)
スリープロはレンジ下限水準から続伸、3Q高利益進捗率業績を見直し決算発表に期待を高め下げ過ぎ訂正(2018/11/06)
トレジャー・ファクトリーは調整一巡感、19年2月期予想に上振れ余地(2018/11/09)
LTSは続落も3Q決算発表を前に年平均利益成長率19.9%を手掛かりに押し目買い好機(2018/10/23)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース