EU司法裁判所、「忘れられる権利」はEU域内のみで適用

2019年1月17日 22:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 欧州では2012年ごろから「忘れられる権利」を認める動きがあり、2014年にはこれに基づいてGoogleが検索インデックスからの削除申請受付を開始している(過去記事)。一方でEU司法裁判所はEUで認められた「忘れられる権利」について、EU域外に向けたサービスについて対象外であるとの見解を示している(CNET Japan日経新聞)。

 この問題については、フランス当局が「忘れられる権利」に基づいた削除申請があった場合、欧州域外からの検索結果からも削除を行うべきだと主張。これに対しGoogleは各国の状況に基づいて対応すべきと反論していた。

 これに対しEU司法裁判所法務官は10日、忘れられる権利がEU28カ国の国境を越えて効力を持つとの法解釈には「賛成できない」との見解を示した。法務官の判断はEU司法裁としての正式な判決ではないが、過去のケースでは最終的なEU司法裁の判決と同じ場合が多いとされている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | EU | プライバシ

 関連ストーリー:
Googleが2018年時点での「忘れられる権利」に基づく削除リクエスト状況を公表 2018年03月05日
ウェブ魚拓、「忘れられる権利」への対応のため「過去の魚拓」機能を停止 2016年03月04日
Google、「忘れられる権利」関連で約120万件を超えるリンクを削除 2015年12月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース