渡された名刺に記載のメルアドへ広告メールを送信 おおむね合法

2019年1月16日 22:25

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 渡した名刺に記載されたメールアドレスに対し勝手に広告・宣伝メールを送信する行為は、法律上は合法の可能性が高いそうだ(J-CASTニュース)。

 一斉送信されるような広告・宣伝メールについては特定電子メールの送信の適正化等に関する法律で規制されており、あらかじめこういったメールを受け取ることに同意した相手以外への送信は禁止されている。しかし、名刺などの書面によってメールアドレスを通知した相手に対しては同意なしでの広告・宣伝メールを送信することが認められているという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | インターネット | IT | プライバシ

 関連ストーリー:
楽天傘下の米Slice、広告メールなどを一括解除するツールを提供するUnroll.Meを買収 2014年11月26日
キングジム、テストに使った名刺データを製品に入れたまま出荷して個人情報を流出させる 2014年09月18日
Gmailに「配信停止」機能登場 2014年02月28日
マルウェアで取得したメールアドレスに迷惑メールを送信していた会社社長、逮捕される 2013年07月25日
大量送信広告メールで 200 億円の集団訴訟 2012年11月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース