捜査当局、スマホゲーム会社経由し令状なしで被疑者の位置情報取得か

2019年1月16日 15:35

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 日本の捜査当局がスマートフォン向けゲームの運営会社を通じて捜査対象となる人物の位置情報を令状なしで取得していた可能性があることが報じられている(共同通信)。

 捜査当局が携帯電話会社から被疑者の位置情報を入手する場合裁判所による令状が必要となるが、検察の内部文書に、企業に令状なしで報告を求める「捜査関係事項照会」でゲーム運営会社が取得していた位置情報の提出を求めることができるという記載があったという。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | YRO | ゲーム | プライバシ

 関連ストーリー:
GPSを使った捜査、最高裁は令状が必要な「任意捜査」と認定 2017年03月17日
「遠隔操作事件」裁判における検察側の主張 2014年03月12日
Google Docs の内容を FBI が照会していた 2010年04月23日
タスポの利用履歴が検察に提供されていた 2009年07月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース