Sony、Bluetooth搭載ターンテーブルを発表

2019年1月12日 22:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Sonyは現地時間7日、Bluetoothオーディオデバイスに直接接続して再生可能なワイヤレスターンテーブル「PS-LX310BT」をCES 2019で発表した(米国版プレスリリース欧州版プレスリリース製品情報)。

LX310BTはBluetoothペアリングボタンやオートプレイボタンを搭載し、ワイヤレススピーカーやサウンドバー、BluetoothヘッドフォンといったBluetoothオーディオデバイスと簡単に接続・再生ができる。新設計のトーンアームによりトレース精度が向上し、豊かでクリアなサウンドと力強い低音が実現されているという。フォノ出力端子やライン出力端子、USB出力端子も搭載しており、3段階のゲイン切り替えも可能だ。

サイズは430mm×367mm×108mm(幅×奥行×高さ、ダストカバー込み)。米国では春の発売で希望小売価格は199ドル99セント、欧州では4月発売で希望小売価格200ユーロとなっている。現在のところ、日本のSonyのWebサイトには情報が出ていない。 

スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | Sony | 音楽

 関連ストーリー:
「aiwa」ブランドが復活 2017年06月21日
ソニー、アナログレコードをハイレゾ音源として保存できるターンテーブルを発表 2016年01月08日
パナソニック、「テクニクス」ブランドのターンテーブルを復活 2015年09月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソニーBluetooth

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース