アフリカでストリーミングメディアの普及と市場拡大が始まる

2019年1月10日 13:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 アフリカでもネットやスマートフォンの普及が進んでおり、ストリーミング企業が新たな市場として注目しているという(QUARTZ AFRICASlashdot)。

 アフリカ大陸の人口の大半を占める若者の間でネットコンテンツの消費習慣が広がることにより、大きな市場が誕生しつつある。たとえばナイジェリアでは、テレビよりもモバイル機器での動画視聴が主流になっているとしている。また、南アフリカでは無料のモバイルプラットフォーム「Tv2Go」などが登場している。

 こういった背景から、Netflixはアフリカ市場に大きな関心を寄せており、アフリカに適したコンテンツプロデューサーを雇用したり、ハリウッドにオリジナル映画の制作を依頼してアフリカ向けのコンテンツ強化を進めている。いっぽうアフリカ市場で大きな影響力を持つケーブルテレビサービスMultiChoiceはNetflixの登場に強い対抗心を持っており、Netflixへの規制を求めている。しかし、アフリカの規制当局がNetflixを規制する意欲を示したことはないようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 映画 | インターネット

 関連ストーリー:
世界のインターネット普及率が伸び悩み。貧困層や女性への普及が壁に 2018年10月23日
南アフリカ、学校のIT系科目の標準としてMS OfficeとDelphiを選択 2013年10月11日
南アフリカのインターネット、データ転送速度で伝書鳩に負ける 2009年09月11日
危険なアウトソーシング先都市・ワースト25 2009年03月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアフリカナイジェリアNetflix

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース