国際 RSS

 

キューバ米大使館の音響兵器騒動、犯人はコオロギか

2019年1月9日 22:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 2017年、キューバの米大使館に対し「音響攻撃」が行われた疑いがあるという報道があった(過去記事)。これによって大使館職員に健康被害が発生したという話もあったが、この「攻撃」で使われたとされる音声がカリブ海地域に生息するコオロギの一種「アヌログリルス・セレリニクトス(Anurogryllus celerinictus)」の鳴き声に酷似しているという研究結果が明らかになった(CNNハザードラボ)。

 ただ、「大使館の職員が別の形態の攻撃の被害に遭った可能性」や、「心因性の症状だった可能性」も否定はされていない。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | バグ | IT | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
キューバで発生した米大使館職員の健康被害、原因はマイクロ波? 2018年09月06日
キューバで米大使館職員を「攻撃」した騒音のサンプルが公開される 2017年10月14日
キューバで発生した米大使館職員の健康被害、原因は音響兵器? 2017年09月18日
米国で非殺傷兵器を搭載した警察用ドローン配備が承認される 2015年09月01日
音響兵器が実戦配備に 2004年03月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードキューバ

広告