国際 RSS

 

ポーランドのリアル脱出ゲーム施設で火災、閉じ込められた5人が死亡

2019年1月8日 21:56

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 謎解きをしながら施設から脱出するという、いわゆる「リアル脱出ゲーム」が盛り上がりを見せているが、ポーランドで4日、脱出ゲームを提供する娯楽施設で火災が発生、密室に閉じ込められた少女5名が死亡するという痛ましい事故が発生した(NHK朝日新聞TBSCNN)。

 報道によるとこの施設は3階建てで、待合室から出火。火災に気づいた施設のスタッフが参加者を避難をさせようとしたものの、火に阻まれて密室のドアを開けることができなかったという。参加者の死因は一酸化炭素による窒息死とみられている。

 ポーランドでは脱出ゲームが大人気で、このような施設が全国に約1000か所あるということで、政府は全施設に対して防災状況をチェックするよう要請したとのこと。日本でもこうした閉鎖系のリアル脱出ゲームが提供されており心配になるところだが、日本では消防法の絡みで完全な密室での営業はされていないようである(解説ブログ)。

 スラドのコメントを読む | EU | ゲーム

 関連ストーリー:
リチウムイオン電池が原因の火災、近年大幅に増える 2018年11月07日
スラドに聞け:大学に住んでる人はいますか? 2018年09月10日
米国で「天かす火災」ならぬ「トルティーヤチップ火災」が発生 2018年07月24日
米ケンタッキーフライドチキン、研修にVRゲームを導入 2017年08月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードポーランドリアル脱出ゲーム

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース